すべての建造物に義務ずけられている「構造計算」。

しかし、建築基準法では木造二階建て住宅に関してのみ

「構造計算」をしなくてよい「例外」を認めています。

全ての人が安心して使える建造物である為にあたりまえの事が,

なぜ木造住宅には例外なのか?

木造二階建ての専用住宅では,建築士の設計に限り構造関係法規

が確認申請時にチェックされません。

建築士の設計であれば構造関係法規は遵守されているはずという

前提で 確認申請をスムーズに行う 為の特例があるからです。

(建築基準法台6条第3項に規定する確認の特例)

しかし、構造計算の義務がないからといって、構造チェックを

しなくてもよい訳ではありません。

そこで木造二階建てに採用されるルールが壁量規定です。

簡単に説明すると、建物の床面積に対してどの程度の強度の壁を

バランスを考えながらどの位置に配置するかを決めたルールです。

この基準は,過去60年の歴史の中でおきた大震災のたびに

壁の枚数を増やし、阪神大震災後ついに壁の量だけではムリだと,

今度は小さな補強金物を次々追加しているのが現状です。

しかしその現状も「構造計算」のルールと照らし合わせると,

強度が足りない可能性が高いと構造の専門家たちのあいだでは

すでに問題になっています。

では「構造計算」とは?

これは簡単に説明するのは難しいですが、建造物の安全性とは

率直に言って建物が壊れない事ですよね。

それを科学的に立証するのが「構造計算」なのです。

許容応力度設計というルールにのっとって 構造の形状、建物の荷重、

風、積雪、地震等によって掛かる負荷を前提に各部材、

各部材接合部の必要な強度を定め,構造強度を科学的に

証明していく方式です。

壁量規定と構造計算の違いは、プランニングの段階で 

機能美まで含めた総合的なデザインや快適な居住性,

間取りや開口部の大小等に確実に大きく影響を及ぼし

そのすべての可能性を左右します。

この違いをご理解いただきよい家の条件をもう一度

見直していただくキッカケになれば幸いです。



フレームスデザイン  カスタムガレージハウジング

ブランドマネージャー  はせがわ


http://ガレージハウス.com/