土地を購入しての新築、既設の

建物を取り壊しての建替え等

いよいよ建物について真剣に

考え出す時期に忘れてはならない事の

ヒトツに宅地の安全性、安全対策があります。            地盤調査

できる限り早い時期にしかるべきb04_img2_2

現地調査によって現状地盤の

基本性状を確認、把握する必要があります。

ガレージハウスは特に1階、地下、

半地下など、駐車スペースを

持つ階層の間仕切りが極端に少ない

空間になっていて建物の荷重を受ける

接地箇所が片よりがちになる傾向があります。

広い床面に関しても一般の住宅の                       補強工事

ベタ基礎などとはまったく違う次元の
b_img01
底盤を形成する必要があります。

地盤は「建物の基本構造の一部」

という認識は一般的にはあまり強くない
b02_img06
印象ですが地盤補強はやはり建物の品質に

直結、連動していると言えます。

調査結果によっては思いもよらない

予算が必要になる場合も

けして少なくありません。

つづきはまた明日!



カスタムガレージハウジング フレームスデザイン

ブランドマネージャー  けん はせがわ


http://ガレージハウス.com/

http://www.shinseijuki.co.jp/index.html