・・・・・

・・・ 調査結果によっては思いもよらない

予算が必要になる場合も少なくありません。

昨日のつづき・・・

ガレージハウス に特化している 我々 フレームスデザイン では

基本的構造 の考え方や フォーカス する要素すべてが

ガレ-ジハウス や 趣味性の高い空間 を前提にしている為

一般住宅の延長 として ではなく あくまで ガレージハウス 

としての存在意義が すべての 基本 となっています。

ガレージハウス に限らず 建築工事 には ものすごく沢山の 

物事や要素 がありますが、ガレージハウス を建てるのであれば 

やはりその沢山の 物事、要素 すべてに ガレージハウス の 

エッセンス をちりばめる 基本姿勢 が大切であり

それが結果よい ガレージハウスという カタチ になると我々

 フレームスデザイン は信じています。

ですから 宅地の安全対策は 建物の本質を 左右するほど

大きな 影響力を持つ 地盤 や 基礎 への配慮も 

ガレージハウスに特化したモノでなければなりません。

地盤調査 は現地の基本性状を把握し 補強工事の必要性や

効果を 建物基礎 の仕様に反映させると同時に 

上に載る建物の規模や形状、配置なども 確実に影響してくる為

 「地盤は建物の基本構造の一部」という認識で 

早い時期から 地盤 と向き合っていくことが 大切ですね。





カスタムガレージハウジング フレームスデザイン


ブランドマネージャー  けん はせがわ




http://ガレージハウス.com/