FD BLOG

愛知県名古屋市を中心に、世界で一邸のガレージハウスを建てまくるFramesDesignのブログ。

SE構法

Network SE の取材受けましたっ!しかも表紙だーっ!!!

木質ラーメン構造の雄 SE構法の業界紙である

ネットワーク SE の 108号 の表紙を飾ると共に

特集記事を掲載されました。

表紙

Pick Up される物件にはさまざまな審査があり

インテリア、エクステリア、構造のすべてのバランスを加味し

SEの供給元の ㈱NCN が精査した物件のみがフラッグシップとして

ピックアップされる とのコトっ!!!

木質ラーメン構造のポテンシャルを十二分に引き出した

好例物件との編集後記も頂きました。

光栄で御座います。

今後も木質ラーメン構造とガレージハウスのプロとして

ニーズに応えて行きたいと思います。


カスタムガレージハウジング フレームスデザイン

ブランドマネージャー  Ken Hasegawa

http://ガレージハウス.com/

ガレージ専用排気ガス排出システム「EG WayOut」


☆家は生きている。

家は 鉄骨でも、鉄筋コンクリートでも、木でも、皆 生きています。

生き物なんです。

施主、設計、職人、皆の想いと共に関わる全ての人々の手によって

カタチをおび、完成を待ちわびた施主と共に生活をはじめる、云わば

家族の一員なのです。

季節の 暑い、寒い も感じ取り、汗を掻いたり凍えたりと色んな

反応をします。

そして、人間と同じようにいつか朽ち果てその生涯を終えます。

人と違うところはといえば、自分で自分の面倒を診る事ができない事、

自然治癒力がない事かな。

なので、家族がたまに調子を診てやって心配な部分は予防、悪ければ

手を入れてあげないと長生きできません。

乱暴に扱えばすぐにあちこち調子を悪くするし、大切にしてやれば

永くその役目を果たしてくれる。

同じ命あるものとしての幸せを家も必ず感じて生きています。

ですから、家族の一員として愛情をそそぐ事、愛してやる事が

いい家と 永く、楽しく、幸せ に暮らす為に欠かすことのできない

大切な事じゃないかなと思います。



・フレームスデザイン  ブランドマネージャー  はせがわ



http://ガレージハウス.com/

ガレキの荒野にポツンとたたずむ木造家屋。   なぜ!

世の中色んな商いがありますが、大抵業界専門誌や業界新聞

等の媒体があり業態ごとに必要な情報共有に役立っています。

我々の業界にも複数の情報源がありますがその中の興味深い

記事のヒトツを紹介しましょう。

3.11東日本大震災では死者・行方不明者2万人以上、全壊家屋

10万棟以上の被害が発生した。

一部では10メートル以上の大津波に飲み込まれた地域もあった。

岩手県大船渡市もそのひとつ。

大船渡市の市街地中心部のガレキの荒野にポツンとたたずむ木造家屋。 

周辺隣家はすべて流されている。

(写真転用現在不可なので文章で情景説明)50~60坪程の建物、

一階の一部が店舗で二階上に広いロフト、もしくは一部3階建。

そんな間取りが想像できる外観だ。外部の損傷は小型船舶が

衝突したのか2~3メートルのあなが3箇所あき、一階のほとんどの

窓ガラスが破損、それ以外のガラスは割れてはいるもののわずかだ。

建物高さ10メートルを少し切る程度で津波は7.5メートルに達していた

様な跡がある。 なぜ? どうして流されずココでこうして居られたのか。

記事内では三つの原因を挙げている。


1. 第一波で大きな開口部が何箇所か破損したがその瞬間、

  波力は低減。その後、破損した開口部が水流をさまたげなかった。


2. 10メートル程先にドラッグストアーの大きな看板があり

  そこで水流が分散した。(が周辺はすべて流されている。)


3. SE構法だった。(2000年完成物件、構造計算(基本全棟)、耐震等級2)
  
  
・ 事実です!残念ながらブログにはアップすることができませんので
  モデルハウスにご訪問下さい。実際の記事と写真をお見せしながら
  SE構法が流されなかったその訳をご説明しましょう。



フレームスデザイン  カスタマーセンター&モデルハウス

要予約      http://ガレージハウス.com/    Phone 052-784-9876



フレームスデザイン  ブランドマネージャー  はせがわ






記事検索
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ